京都のホームインスペクター 

ホームインスペクション(住宅診断)のブログ

「空き家条例」って何?

本日4月1日から京都市「空き家の活用、適正管理等に関する条例」

通称「空き家条例」が施行されました。

 

えっ?「空き家」? と思いますが、実は京都市内でも空き家は増えています。

 

その数、実に約11万戸

そのうちだいたい4万戸近くの家が利活用されず放置されている状態

と言われています。

そしてさらに、今後は空き家は増え続けると推測されています。

 

本題に入る前に、「空き家」とは何かをざっくりご説明します。

 

空き家は条例のなかで

 

「現に人が居住せず、若しくは使用していない状態にある建築物、またはこれらに準じる状態にあるもの」

 

としています。

噛み砕くと

分譲、賃貸、戸建、マンション問わず誰も住んでいない住戸はもちろん

何にも使われずに放置されている施設、倉庫、工場なども「空き家」

と言われます。

 

ところで、空き家が増えると何が問題なのでしょうか?

 

次回は空き家条例の目的について説明します。

 

 

 ホームインスペクションのご依頼はメールフォームからお願いします。

 こちらからもどうぞ